オジギソウ

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

 

 

 

オジギソウ

目立つ植物ではありませんが

この時期になると

育てたくなる植物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指で触れると

葉を閉じ下向きに垂れ下がり

お辞儀しているように見えます

 

 

 

 

 

保育所に勤務していた時、子育て中の時に毎年欠かさず栽培していたのが

「オジギソウ」です。

 

触れるといつも同じ反応をするオジギソウは、

子どもに「安心」を取り戻すことを助ける植物。

 

ちょっと落ち込んだり、うまくいかないことがあると

一人になり、オジギソウに触れゆっくりした時間を持つ。

心を回復し、また戻っていきます。

 

子どもはいつも同じ、いつも変わらない、

ということが安心となります。

 

昔話が好きなのもそのことの現れです。

 

子どもが安心できる環境作りの1つとして

栽培してみませんか。

棘があるので、

棘には気を付けてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄の記念日《慰霊の日》

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

6月23日は、沖縄の記念日

《慰霊の日》です。

 

第2次世界大戦が終結し75年、

沖縄では地上戦があり、

県民の4人に1人の尊い命が

失われました。

 

沖縄の新聞には、

毎日戦争体験について、基地問題について

取り上げられ、

忘れることはなく、

頭の片隅にいつも平和への思いがあります。

 

この時期、県内の学校や保育所・幼稚園では

戦争体験や平和について学ぶ平和学習があり

「月桃の歌」や「HEIWAの鐘」を歌います。

 

戦争体験の語りべの皆さんもご高齢になり、

直接お話を聞く機会が少なくなってきました。

 

沖縄の地上戦を作品にしたものが

いくつかあります。

その1部をご紹介いたします。

 

絵本

おきなわ・メッセージ

「つるちゃん」

マブニのアンマーーおきなわの母

 

戦争を体験した方の気持ちに寄り添い、

お亡くなりになられた方への追悼と

平和を祈る時間をご一緒しましょう。

 

間際のご案内ではありますが、

本日11時50分〜

慰霊の日 沖縄全戦没者追悼式の中継が

ネットで配信されます。

琉球新報

ニコニコ生放送

 

戦争でお亡くなりになった方、

そしてそのご家族や身近な方への追悼と

平和への願いを込めて

 

本を読むこと、対談動画配信を見ること

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

緊急事態宣言解除後の生活、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

第2波、第3波、を警戒し

自粛を続けている方も多いのではないでしょうか?

 

私も、引き続き不要不急の外出自粛を

続けている一人です。

自粛生活が続く中、先日

ミシマ社開催の

三砂ちづるさんと内田樹さんの対談

動画配信を購入し、早速見ました。

 

新刊発売に伴っての企画でしたが、

私は本は購入せず

動画配信を選びました。

 

今回気づいたことは、

本は丁寧に作られ提供される情報で

一方通行になりがちですが、

対談、動画配信は、

その時生まれる空気で中身がつくられ、

想定を超えたことが起こり、

その場にいるからこそ味わえる

体験ができる、ということです。

 

勉強に限らず、

スポーツや楽器演奏、絵画、等の趣味でも

自己流よりも本を読み、

その道に精通している方に習うということが

近道でもあり、癖や歪みなく

成長できることを感じます。

 

皆さんは、ステイホーム期間中、

どのような楽しみを体験されましたか?

 

子どもたちは、リモート学習を体験したり、

インターネットを上手に活用される機会に

なったのではないでしょうか?

学校の在り方も、

どんどん変化していくのでしょうね。

 

新しい波に、

イルカのように上手に波乗りしたいですね♪

 

 

 

 

甲子園球児へのエール〜沖縄県内の各高校監督からの歌リレー〜

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

夏の甲子園の中止が決定しました。

 

沖縄から高校球児へエールの動画が

ユーチューブにアップされました。

 

ああ栄冠は君に輝かく〜Okinawa  vershion〜

 

沖縄県内の各高校の監督からの温かいメッセージです。

 

 

 

<休校の子どもたちへ嬉しい情報>小学館版学習まんが日本の歴史 無料公開

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

休校で家にこもりがちな日が続いていますね。

 

そんな子たちへ嬉しいサービス提供の

情報があります。

 

小学館版学習まんが

少年少女日本の歴史

シリーズ全巻期間限定で

ウェブ公開しています。

 

うちでも早速読んでいます。

いつも図書館で借りて読んでいる本。

いつか購入したいと思いながら

なかなな揃えられずにいたので

とっても嬉しいです。

 

小学館さん、

ありがとうございます。

 

感謝をこめて

 

3月11日を明日に控え

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

明日は3月11日。

東日本大震災から9年となります。

この時期になると、やはり

当時のことが思い出されます。

 

震災後手に取った本を改めて

読み返しました。

「目を凝らしましょう。

   見えない放射能に 。」

著者 うのさえこ

イラスト:いせひでこ

 

今、改めて読み返すと、

放射能だけではなく、

新型肺炎への対応や、

大きくなり、

自立へ向け1歩1歩親から離れ歩む子どもたちにも、

その他さまざまなことにあてはまるように

感じます。

 

目を凝らし、

耳を澄まし、

本当に大切なことに

意識を向ける。

 

子どもの成長にとって大切なこと、

 

子どもへどのような未来を創造したいかと

問いかける。

 

地球という自然に調和する世界、

生きとし生けるもの、

すべてが幸せな世界を望みます。

 

感謝をこめて

 

 

「宮沢賢治とスペイン風邪」 澤口たまみさん〜岩手の作家からの励まし〜

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

岩手出身の私。

岩手を離れてから、

そして年齢を重ねるごとに

岩手の魅力に気づきます。

 

岩手の魅力の1つに

岩手の作家澤口たまみさんをご紹介いたします。

初めて知ったのは、

「わたしのあかちゃん」という絵本でした。

私が第1子妊娠中に

お世話になっていた病院が舞台の

出産と産後のお話で、

産後のお母さんへの温かいエールのように

感じ、出版されてからよく手に取っていた絵本です。

 

子どもが大きくなってからは

虫に関する絵本を手に取り愛読し

ワークショップへも参加したことがあります。

ワークショップでは、近所の公園へ出かけ、

実際にダンゴムシを手に取って

ダンゴムシのお腹に卵を抱えていることを

見せていただいたことがあります。

 

澤口さんのブログたまむし日記に

「宮沢賢治とスペイン風邪」

アップされていました。

 

2月にちょうど図書館から借りて

繰り返し読んでいた

宮沢賢治の作品

「水仙月の四日」と

絡めてあり、とても興味深く拝見いたしました。

 

新型肺炎が懸念されている今、

報道の視点(最新情報や医療的見解、国の対策)とは違った視点、

自然や時節、昔からの言い伝えを交えた内容に

大きな流れを感じどっしりとした気持ちになりました。

 

結びのことば

「ウイルスもまた、自然からうまれたものであるということだ」

この言葉が心に大きく響いています。

 

感謝をこめて

 

 

 

 

 

忙しいときに限って、「発熱」

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

子どもは、病気やけがをしながら成長します。

突然の発熱、「えっ!!こんな日に限って?」と思う経験をした方も

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

仕事を持ち、いざというときのサポーターがいない方はなおさらのこと。

以前保育所に勤めている時も、こういったことはたくさんありました。

学校の教員として働いているお母さん、運動会や学習発表会、修学旅行・・・

学校の行事で忙しい時期に限って体調を崩します。

お母さんも子どももとっても気の毒でした。

 

子どもは、寂しくて体調を崩しているのだろうか?

お母さんが頑張っているから自分も頑張らなくては!!と思って頑張りすぎるのかな?

頑張りすぎだから、休めのサイン?

などといろいろ想像していました。

きっと忙しいのと発熱は、何らかの関係はあると思うのですが、

あまり深刻にならないことを先輩ママとしてお勧めいたします。

 

子どもを出産し、自分が母になってからの経験を振り返り、

1番ハラハラしたことは

(ちょうど3年前のことですっかり忘れていました(‘’)ゞが)

 

東京へ1日ワークショップがあり、

前日に出発し翌日ワークショップを受け、12日で最終の飛行機で沖縄へ戻る、

という日がありました。

ワークショップ中のお昼休憩の時に娘の小学校の担任の先生から連絡が!!

なんだか嫌な予感(;'∀') 

嫌な予感、的中↘

 

緊急事態の時は、一瞬にいろいろなことが起きます。

昼休み終了直前だったので、5分もかからずやったことは、

先生からの着信に気づき、電話応答

→ガーン。

どうしよう。

なんとかしなければ、

ここまでは担任の先生との電話でのやりとり。

電話を切った後、

まずはいつもおねがいしているKさん、仕事中だと知りながらも連絡。やはり応答なし。

次に親子でお世話になっている知り合いのMさんへ連絡し、相談すると、OK

 

結局、Mさんが学校へ迎えに行ってくださり、

元気そうだったので、自分も用事があるし、

と近くのスーパー「サンエー」で好きなお菓子をたくさん買ってもらい、

自宅へ戻り一人で好きなようにダラダラと過ごしていたそうで、

翌日はすっかり回復し、無事登校できました。

 

娘曰く、「好きなお菓子を好きなだけ買ってもらえると病気は治る」だそうです。

 

子育て中は、いろいろなことがありますね。

 これから体調を崩しやすい時期となります。

現在は、病気でも預かってくれる保育所があったり、病後保育を始めたところもありますが、

頑張りすぎず、お母さんが一番負担のない方法をみつけられるよう応援いたします。

 

子育てのこと、お子さんの成長や関わり方、等

ご相談をお受けいたします。

下記までご連絡ください。

info*lemurian-melody.com

(メール送信の際には、*を@に変えて送信して下さい)

 

メール返信1回で十分な際は無料でお受けいたします。

 

ご相談内容に応じてきめ細かく、より深い内容の際には。

セッション内容と料金をこちらから

ご返信いたします。

 

子育ては、子どもだけではなく、

自分自身の幼少時代やご家族との関係、

様々なことを含めたものになります。

一人で背負いすぎていませんか?

自分を認め、優しくいたわる時間を持ちましょう。

 

光をこめて

 

 

最近気になることー赤ちゃんを前抱っこしながらの携帯電話の使用

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

今日は、電車と地下鉄を使って

7月のワークショップ開催会場へ

予約するため出かけました。

 

電車などを利用していて

最近気になること。

それは、赤ちゃんを前抱っこしながらの

携帯電話の使用です。

 

通話の際には、直接耳にあてて使用するので

気にならないのですが、

メールやラインでのやり取りなどで

使用する際には、

赤ちゃんの頭上付近で

携帯操作することになります。

その光景を見るたびに

赤ちゃん、大丈夫かな?

と老婆心ながら心配になります。

 

それは、私が電磁波に敏感なタイプだからなのだと

思います。

携帯電話に着信サインが出る直前や

メール受信する直前に

その変化に気づきます。

同じように中2と小5の子どもも

気づきます。

そのため、寝室には携帯電話を

持ち込みません。

 

携帯電話は、とっても便利で

今や必需品となりましたが、

安全に使ってこそ

良い道具になると思います。

 

皆さんは、携帯電話の使用方法で

何かきになっていることはありませんか?

 

お一人お一人にとって

携帯電話が最善の道具となることを

願っています。

 

感謝をこめて

 

 

 

 

うれしいニュース―ジュゴン、沖縄で新たな目撃情報

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

海の人魚姫「ジュゴン」

 

沖縄では3頭しか残っていないと言われていて、

繁殖力の小さな生き物のため、

絶滅するのでは?と言われていました。

 

沖縄で新たな目撃情報について

沖縄タイムスに記事が掲載されました。

沖縄タイムス

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/89285

 

幼いジュゴンが母親らしい個体と一緒にいたという

内容です。

とても嬉しい明るいニュースです。

 

感謝をこめて

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM