スピリチュアルな扉をあけてくれたTちゃん

子どもからの気づき comments(0) - なないろーにじいろーこども

私にとってとても大切なTちゃんとの出会いは今から約30年前

0歳児クラスを担当した時でした。

 

ーTちゃんとの出会いが、私にとって

スピリチュアルな扉を大きく開けるきっかけとなりました。

(これまでの概念が崩れ、違った視点を持つようになりました)

 

Tちゃんは、一般的な捉え方をすると、発達がゆっくりで

1歳になっても歩行開始の兆候はみられず、

実際に歩行できるようになったのは、3歳を過ぎてからでした。

 

そんなTちゃんが持っている高い能力は、

今、目の前にいる人がどのような状態なのか、

ということを敏感に察することができることでした。

 

私がTちゃんの能力に気づいたきっかけは、

体調を崩し無理をして出勤した日でした。

Tちゃんを受け持つことになってから半年ほどたった頃でしょうか。

その日は、腹痛と腰のだるさがあり、体調がすぐれず無理をおしての出勤でした。

いつも出勤するとすぐに抱っこを求めてくるTちゃんが

その日に限って出勤しても見向きもしません。

疑問に思いながらも、初めはその理由に気づきませんでしたが、

その後も私の状態が不安定な時は、同じような様子がみられました。

もしかしたら私の体調が悪いことを勘づいているのかもしれない、

-目に見えない雰囲気、表面には出さないようにしていても

エネルギーに敏感に察しているのかもしれない、

と思うようになりました。

 

そういう視点からTちゃんを深く観察するようになると、

思い当たることがたくさんあります。

Tちゃんが自分から関わっていく人には

似たような雰囲気があることがわかりました。

おおらかな人を好み、神経質な人や愚痴っぽい人には寄り付きません。

自分の苦手だと感じる人には、笑顔をみせながらも決して近づこうとしないことにも

気づきました。

そして、どんなに好きな人でも、その人の状態が不安定な時には、

避けていることにも気づきました。

 

具体的には、イライラしている人や怒りっぽい人には、遠くからニコニコと微笑み、

関わりを持たないようにしやり過ごしているのです。

相手の方が、Tちゃんの張ったバリケードを越えて抱っこしようとすると、

みるみるうちに顔色がくもり

火がついたように泣き自分を守ろうとします。

 

観察していると、たくさんの気づきを与えてくれます。

Tちゃんから教わったことはたくさんあります。

目には見えない、数値で出すことができないことを気づく力を持ったTちゃん。

 

自分の状態を正確に捉え、自分のケアをする大切さは、

どなたと関わる上でもとても大切なのだ、

ということも教えていただきました。

 

感謝をこめて

 

 

 

おねしょ・夜尿症

子どもからの気づき comments(0) - なないろーにじいろーこども

保育士として働いていた時に、

夏の行事として

年長組さんになると

お泊り保育がありました。

 

お泊り保育を実施する際には、

夜間配慮することについて

アンケートをとり

子どもたちが安心して泊まれるよう

準備します。

 

毎年のことですが、

このアンケートを集計するときに

おねしょについて

悩んでいる方が多いことに

気づきます。

 

おねしょについてサポートとなるエッセンスを

ご紹介いたします。

オーストラリアン・ブッシュの

「ドッグローズ」です。

家系的な影響がある場合や

怖い夢を見る、等

その子の背景にあるものを見ると

もっと細やかに具体的な働きかけが

見つかると思います。

 

おねしょすることによって

自信をなくしたり、恥ずかしい気持ちがつよくなったり、

ということもありますね。

 

子どもが自信を持てるよう、

励ましたいと思っています。

 

感謝をこめて

小学最後のイベント

子どもからの気づき comments(0) - なないろーにじいろーこども
長男は、小学6年生。
間もなく卒業式を迎えます。

卒業を控え、
学校では様々な企画をし
子どもたちの将来へ
エールを送ってくださっています。
学校の先生方のお心遣いに胸が熱くなり、
感謝の気持ちを伝える言葉がみつかりません。

昨日は、3年前に小学校を卒業した、
中学3年生の先輩が数名来校し、
様々な経験談を6年生の前で
発表してくださったとのことでした。

「中学1年生から方向性をしっかり持つことが大切」
というメッセージが心が響いたようで
私に教えてくれました。
自分はどのような高校生になりたいのか、
ということをイメージしていました。

まだ、はっきりした夢はみつからない、
と言いながらも、自分の好きなものは
明確になってきているようで、
きょうの先輩からのアドヴァイスを聞いて
より具体的にイメージすることが
できてきたようです。

数名来てくださった卒業生の先輩、
1人以外の先輩は、みんな見たことがある、
と話していて、親しみをもって話を聞くことができたようです。

とても良い会を企画していただき
勉強よりも大切なことを学ぶことが
できたと感じています。

今日は、劇団四季の観劇会。
毎年宜野湾市の小学6年生が見に行きます。
貸し切りで招待を受け、観劇できるという素晴らしい機会となります。

昨年は、親子でチケットを購入し見に行ったのですが
今年は、息子だけが見に行きます。
どんな感想が聞けるのか、楽しみです。

春は、変化がつきものですが
変化を楽しみ、新たなステップを
軽やかに迎えることができることを
願っています。

愛をこめて

 

ガチャガチャ

子どもからの気づき comments(0) - なないろーにじいろーこども
先週、息子と二人で久しぶりに買い物へ出かけました。

買い物があまり好きではない息子ですが、
クリスマスシーズンの店頭は、珍しいものがたくさんで
ワクワクしていました。

サンタさんを信じている息子は、
ラジコンやドローンなどに興味を示しながらも
何も欲しがることなく、帰ることになりました。
店の出口を出て、エントランスで息子が好きな
「沖縄限定」のガチャガチャを見つけてし
まいました。
春休みに、友達が宮城県から遊びに来て
一緒に美ら海水族館に行った際にも
魅力的だったガチャガチャ。
中身は、ジンベイザメや首里城、牛車、等
沖縄の観光にふさわしい模型が入っています。
なぜか、Beginの模型もあり、
春には、これだけは欲しくないなぁ、という
Beginの3人の模型が出てきました。
歌は、好きなのですが、模型は・・・
その後、久しく見かけていません。
うちのどこかにあるはずなのですが・・・
自分のお小遣いでやるから
やっていい?というので
OKし、いざ挑戦。
あーまたこれ(Beginの模型)が当たったら
嫌だなぁという息子に
宇宙の法則を伝えました。
「宇宙は、嫌だ、とかこれではありませんように、という
否定的なことばは、届かないんだよ。
イメージしたものが出て来るから
欲しいものをイメージしてやってみたら」
素直な息子は、これが欲しい、と
牛車を指さし、いざ挑戦!!
見事、牛車が出てきました。
これには、息子以上に私もびっくり。
これからは、否定形ではなく、
肯定的に素直であろうと思うできごとでした。
永遠の平和と子どもが安心して成長できる環境、
全ての子が満たされ・愛され成長できることを願います。
感謝をこめて

子どもの気遣い・私の気遣い*こどもたちへ感謝をこめて

子どもからの気づき comments(0) - なないろーにじいろーこども
昨日は、運動会の代休で
久しぶりに子どもとゆっくり過ごしました。

自分にゆとりがないと、
つい見逃してしまう子どもの優しさ。
私が頭をぶつけると、
「大丈夫?」と気遣ってくれ
キッチンで食事作りや後片付けの時に
「ガシャン」と音を立てると
「大丈夫?」と見に来てくれる子どもたち。

その言葉には、何も他のものは
混ざっていず、本当に気遣ってくれていることを
感じます。
忙しいと、自己中心的になり(忙しくない時でもかも・・・​)
子どもにも優しくできないことがある私。
私も子どもを大切に、愛しく思っているのですが、
もしかしたら・・・
子どもの方が親を、大人を、たくさん愛しているのかな?と
感じる一日でした。

そんなことを今朝、思い出していたら
子どもへ親ができることは、本当に小さなことで、​
自分が何かしてあげたい、何か役にたちたい、といのは
大きな間違いだということに気づきました。
驕り高ぶった、または傲慢な自分の態度に気づきました。

このことに気づいたら、
過去のあのことも、このことも、・・・
たくさんの自分の高慢さが思い浮かび
とてもを恥ずかしく思います。
学ぶ機会をいただき、ありがとうございます。
傲慢さ、驕り・謙虚であることについて
じっくり向き合いたいと感じる一日でした。

人間の体は、誰が作ったのだろう?

子どもからの気づき comments(1) - なないろーにじいろーこども
夏休み入り、親子で過ごす時間が増え、
会話も弾みます。

小学校6年生の息子が
ふと口にした質問
「人間の体は、誰が作ったんだろう?
人間には、作れないよね」

人間には、虫を作ることもできません。
花を育てることはできても、作ることは
できません。
言葉も、どこからできのたでしょうか?

このような会話をしていると、
地球は、人間だけのために
あるのではないということが
明確になります。

これまでは、人間の思うがままに
地球を破壊し、搾取してきましたが
これからは、地球メンバーの一員として
地球に存在するすべての生命にとって
暮らしやすい地球を創造していきたいね、
と親子で共感しました。

感謝をこめて
 

週に2回、15分の楽しみ

子どもからの気づき comments(0) - なないろーにじいろーこども
火曜日と木曜日は、
小学校6年生の息子の野球練習の日。
練習は18時30分まで。

冬の間は、日暮れが早いため
お迎えに行ってましたが
日が長くなってからは
「一人で大丈夫」という
言葉を信じて、お迎えに行くのは
やめていました。
小学校6年生になったら、
お母さんと歩くのを見られるのは
いやなんだろうなぁという
気持ちもありました。

練習が長引いて、
19時を過ぎてもて帰宅しない日があり、
玄関を出て、廊下から帰宅する様子を
見ていました。

私の住まいは、4階です。
直線道路は、遠くてもよく見えます。

お兄ちゃんが帰ってくる姿が見えました。
一人歩きは不安です。
何度も何度も後ろを振り返り、
慎重に歩いています。
後ろに大人の男の人がいると、
追い越されるまで待っています。
私も子供の頃、同じでした。
あの不安感、よくわかります。

その姿を見てから、野球の練習の日は、
お迎えに行くことを再開しました。

火曜日と木曜日は、
一緒に歩きながら
いろんな話をします。

昨日の話題は、握力テストについて
「○○君は、すごいんだよ。
握力テストの時、
自分の記録だけを気にするんだ。
友達と競争しないで、自分の前の記録よりも
良くなっているかどうかを比べるんだ。
この考え方って、いいよね。
俺も、自分の記録よりもよくなることだけ
考えよう!!」

理屈では理解しているつもりでも、
つい人と比べる自分。
私も、今の自分を基準に、
成長したいなぁと思いました。

いつも気づきをくれる子どもたちに
感謝します。

ありがとう。

学校の校庭の水道水

子どもからの気づき comments(0) - なないろーにじいろーこども
おととい、小学校6年生の息子が
「お母さん、学校の外の水がなんでおいしくないか、
わかった!!」と話し始めました。

野球をしているので、週に4回は、
校庭で部活があり、水を飲む機会も
多くあります。

話はこう続きました。
「みんなバカ野郎!!とか、
いやな言葉をたくさん話しているから、
前に水の実験をしたときに、
嫌な言葉で話しかけた水は、へんな匂いがして
おいしくなかったでしょう、だからだよ」
「みんなでありがとう、とか優しく話しかけると
水もおいしくなるかも」

息子から、とても大切なことを
教えてもらった日でした。

愛をこめて





 

シュンガイド(ピラミッド)

子どもからの気づき comments(0) - なないろーにじいろーこども
マウント・シャスタで購入してきた
シュンガイドのピラミッドを
寝室に起きて寝ています。

ピラミッドの形のシュンガイドを
初めて寝室に置いて寝た日の翌日、
息子が
「なんか今日はすっきり目が覚めた」
といって早起きしてきました。
確かにいつもよりもぐっすり眠れたような
感じがしました。

ちょっとして変化をすぐに察知するお兄ちゃんに
びっくり。

シュンガイドは、眠りの質も高めてくれるように感じています。

 

鼻づまり

子どもからの気づき comments(0) - なないろーにじいろーこども
寒暖の差が大きいこの時期、
小学校5年生の息子は、
先週から鼻水が出始め、
昨夜は鼻づまりで辛そうでした。

オーストラリアンブッシュの
鼻づまりのエッセンスを処方し、
寝るときに足裏マッサージをして
様子を見ました。

寝ているときは、それほど
苦しそうではなかったのですが、
朝起きたときは、
「まだ治っていない」と不機嫌あめ

さて、今日はセイクラルマッサージ
「家庭でできるお手当」をプラスして様子を見る予定です。

私も風邪対策に
コルテPHIのK9とRQ7を
携帯するのを忘れないようにしないとね。

クリスマスイブ、皆さんも素敵な夜をお過ごし下さい。
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM